松山、8位 短縮競技に「皆さんの前でプレーをお見せしたかった」

[ 2019年11月25日 05:30 ]

男子ゴルフツアー ダンロップ・フェニックス最終日 ( 2019年11月24日    宮崎県 フェニックスCC=7027ヤード、パー71 )

8位で大会を終えた松山(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 2年3カ月ぶりの日米通算14勝目を狙った松山だが、通算5アンダーの8位で大会を終えた。今季唯一出場した日本ツアー。練習中に中止の知らせを受け、「皆さんの前でプレーをお見せしたかったのですが、あいにくの天候で中止となりとても残念。今平君の優勝におめでとうと言いたいです」とのコメントを発表した。

 次戦は12月12日に開幕する世界選抜と米国選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」。「世界選抜の代表として頑張るのみ」とした。

 ▽賞金王の条件 1位の今平と2位のノリスとの差は3719万9256円。残りは2戦。次戦のカシオ・ワールドオープンで今平が優勝すれば、無条件で賞金王が確定。今平が単独2位でも、ノリスの優勝以外で確定する。3位のC・キム以下は2試合連続優勝のみ、賞金王の可能性がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース