ジャンプ・小林陵侑が4位、伊東大貴は5位 個人第1戦

[ 2019年11月25日 05:30 ]

ノルディックスキー W杯ジャンプ男子 ( 2019年11月24日    ポーランド・ビスワ )

個人第1戦で4位となった小林陵侑(AP)
Photo By AP

 24日、個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、昨季の個人総合を制した小林陵侑(土屋ホーム)は124・5メートル、120・5メートルの224・0点で4位だった。ベテランの伊東大貴(雪印メグミルク)が130・5メートル、123・5メートルの223・2点で5位に続いた。

 25歳のダニエルアンドレ・タンデ(ノルウェー)が127メートル、129メートルと好飛躍をそろえ、241・4点で2季ぶりの通算6勝目を挙げた。前日23日の団体第1戦の日本は6位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース