東京パラリンピック代表の木村が逃げ切りV 男子100メートルバタフライ視覚障がいS11

[ 2019年11月25日 05:30 ]

パラ競泳 日本選手権最終日 ( 2019年11月24日    千葉県国際総合水泳場 )

男子100メートルバタフライで、1分2秒55で優勝した木村
Photo By 共同

 男子100メートルバタフライ(視覚障がいS11)は、世界選手権金メダルで東京パラリンピック代表の木村敬一(29=東京ガス)が優勝し、同銀メダルの富田宇宙(30=日体大大学院)が2位。

 0秒30届かず木村に惜敗した富田は「ベストタイムで泳いでいたら、勝てた可能性があった。悔しいが、やってきたことは確認できた。さらにレベルアップできるように、練習を積んでいきたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース