桃田賢斗 全日本総合2連覇に意欲「エースとして臨むのかそうでないのか」

[ 2019年11月25日 17:40 ]

2連覇に意欲を見せる桃田
Photo By スポニチ

 26日開幕のバドミントン全日本総合選手権大会(駒沢体育館)に向けた前日会見が行われ、昨年優勝の男子シングルス桃田賢斗(25=NTT東日本)と男子ダブルス園田啓悟(29)・嘉村健士(29=ともにトナミ運輸)が出席した。桃田は「日本で試合をする機会があまりないので、支えてくださる方や見に来てくれた方を楽しませるような試合をして2連覇をしたい」と意気込んだ。

 ツアーの連戦をこなし世界のトップを走り続ける桃田にとっても、全日本総合での栄冠は特別なもの。「自分の中で凄く獲りたいタイトルの1つ。日本のエースとして臨むのかそうでないのか、自分が試合に臨むときに凄く影響してくるから全力で勝ちに行きたい」と覚悟を覗かせた。

 バドミントン人気の影響で、東京2020観戦チケットの1次抽選は高倍率。2次抽選の申し込みも、あす26日に終了する。抽選の申し込みに参加したかどうかを問われると「申し込んでないです。自分が出たい、という気持ちが強いので」とにこり。「バドミントンの人気があるのは嬉しいし、発展に貢献していきたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース