賞金シード確定 11人が黄金世代

[ 2019年11月25日 05:30 ]

 次週の最終戦の出場は賞金ランク上位選手に限られるため、来季の賞金シード権は今大会までの成績で決まった。渋野をはじめ13人が初の賞金シードを獲得。そのうち“黄金世代”は渋野、河本、高橋、吉本、浅井の5人。

 これで賞金シード選手50人のうち11人が黄金世代となった。逆に賞金シードを失ったのは16人。うち大江は引退、佐伯は今季限りでツアーの第一線を退く決断をしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース