男子90キロ級 14階級で唯一決勝進出逃す 銅メダルの向が反省「甘さが出た」

[ 2019年11月25日 05:30 ]

柔道 グランドスラム(GS)大阪大会 男子90キロ級3位決定戦   向(ALSOK) 不戦勝 長沢(パーク24) ( 2019年11月24日    丸善インテックアリーナ大阪 )

韓国選手(上)に敗れた向
Photo By 共同

 男子90キロ級は男女計14階級で、日本勢が唯一決勝進出を逃す階級となり、層の薄さが浮き彫りとなった。

 リオ五輪金メダルのベイカーが3回戦で敗退し、唯一準決勝に進んだ長沢(パーク24)も敗れ、向(ALSOK)との3位決定戦はケガのために不戦敗となった。

 メダルを確保した向も五輪代表レースで大きなリードを奪ったとは言えず、「甘さが出た。気持ちの部分でつくりきれなかった」と渋い顔だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月25日のニュース