大栄翔が殊勲賞 白鵬に唯一の黒星 初場所は新三役昇進濃厚

[ 2019年11月25日 05:30 ]

大相撲九州場所千秋楽 ( 2019年11月24日    福岡国際センター )

三賞を受賞した(左から)敢闘賞の正代、殊勲賞の大栄翔、技能賞の朝乃山
Photo By スポニチ

 優勝した白鵬に唯一の黒星をつけた大栄翔は殊勲賞受賞を白星で飾れなかった。炎鵬のすくい投げで土俵を割り、「うれしいけど最後の相撲が…」と表情はさえなかった。

 今年は春場所から平幕上位に定着し、3場所連続勝ち越し。「前に出る相撲が多かった」と結果には納得している。来年初場所は新三役昇進が濃厚。「立ち合いを厳しくして、突き押しを徹底していきたい」と課題克服を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース