帝京大 対抗戦連覇消えた 指揮官、完敗受け入れ「実力差」

[ 2019年11月25日 05:30 ]

関東大学ラグビー 対抗戦グループA   帝京大17―40明大 ( 2019年11月24日    秩父宮 )

前半、突進を阻まれる帝京大・本郷(中央下)
Photo By 共同

 帝京大は昨季9連覇で止まった大学選手権に続き、対抗戦の連覇にも終止符が打たれた。岩出監督は経験不足の選手が多いFWのけん引役としてCTB本郷主将(4年)を急きょフランカーに抜てき。

 本郷の将来も考慮し、「バックスではもう使わない」と通告してのコンバートだったが、急造だけにセットプレーに影響が出てしまった。「現時点での実力差」と完敗を受け止めた指揮官は「成長する兆しがやっと見えてきた」とも話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年11月25日のニュース