渋野、鈴木愛に勝った!「近づいてきてるのかなあ。ちょっとずつは。1ミリ」

[ 2019年11月25日 05:30 ]

女子ゴルフツアー  大王製紙エリエール・レディース最終日 ( 2019年11月24日    愛媛県 エリエールGC松山=6580ヤード、パー72 )

逆転優勝を飾りバンザイする渋野(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 首位に2打差の7位から出た渋野日向子(21=RSK山陽放送)がボギーなしで66をマーク、通算19アンダーで逆転優勝を果たした。9月のデサント東海クラシック以来の国内4勝、日米5勝目。賞金ランクは3位のままだが、首位との差を約1510万円差に縮め、次週の最終戦、ツアー選手権リコー杯での逆転賞金女王へ望みをつないだ。

 【渋野に聞く】
(優勝記者会見場に両手を上げながら入場)
 「イェーイ!ハイ、はぁ~、息切れ」
 
 ――この優勝は?
 「2打差だったんで勝ちたいなっていうのはあったので。その中でノーボギーでこのスコアで優勝できたのは、ホントに先週の予選落ちは無駄じゃなかったなって」

 ――鈴木さんに勝てたことは?
 「たったの1回だけなんで。でも前よりメンタルはちょっと強くなったかな。(鈴木さんに)近づいてきてるのかなあ。ちょっとずつは。1ミリ。ハハハ」

 ――17番の第2打はあわや池。
 「ちょっと力んじゃって。あれ、ドッキリですよね。ホントに危なかったです」
 
 ――最終戦のLPGAツアー選手権リコー杯で勝てばさらに長期シードを獲得することになる。
 「エッ、そうなんですか?」

 ――メジャー2勝目で賞金女王にもなればシードは7年間になります。
 「リコーってメジャーなんですね。とりあえず、頑張ります」 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース