渋野はサンデーバックナイン最初のバーディーで乗った

[ 2019年11月25日 05:30 ]

女子ゴルフツアー  大王製紙エリエール・レディース最終日 ( 2019年11月24日    愛媛県 エリエールGC松山=6580ヤード、パー72 )

優勝報告を受けた渋野(右)とハイタッチする青木コーチ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 【全英女王渋野のコーチ「青木の翔言」】そんな気はしていました。前日に渋野選手から「来ないんですか~」と連絡が来て、急きょ会場に行くことになったんです。本当によく頑張ってくれました。僕が分岐点と見たのは後半10番。バーディーを取れるか、取れないかが後半で乗っていけるかの鍵でした。久々に最終日に10番でバーディーを取れて、いけると感じました。

 予選落ちをプラスに変えましたね。前週はピンをキャリーで狙っているのにショートする場面が気になっていました。ただ、17日に練習を見たときには技術的に変えるところは全くなかった。彼女の持ち味は攻撃のゴルフ。考えと体が一致していなかったんです。「中途半端なゴルフになってるよ」と伝えました。でも、こんなすぐに結果が出るとは。

 1億円を突破して、賞金女王を目指すと明言しました。かなりのプレッシャーを感じていたでしょうし、僕らを含めて空回りしている部分があった。だから、新たに「最終戦までに1つ勝ちなさい」という課題をつくっていたんです。この優勝で来週も結果を期待されるでしょう。でも、僕としてはまた4日間、彼女らしいゴルフをしてくれたらと思っています。(プロコーチ)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース