八村が8試合ぶりに3点シュートを成功 キングス戦の前半は7得点

[ 2019年11月25日 09:09 ]

リバウンドをキープするウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 NBAウィザーズの八村塁(21)は24日、地元ワシントンDCで行われたキングス戦に14試合連続で先発。第1Qの4分34秒にはトロイ・ブラウンJR(20)のアシストを受けて右サイドから3点シュートを成功してこの試合の自身初得点を記録した。

 八村の3点シュート成功は4日のピストンズ以来、8試合ぶり。今季の成功率は19・0%と低迷し、キングス戦で決めるまで8本連続で失敗していたがようやくその“トンネル”を脱出した。

 第1Qは残り48・9秒まで出場し、このクオーターだけで7得点。第2Qは7分37秒からコートに復帰。しかし得点はなく7得点、3リバウンド、1スティールで前半を終えた。

 試合は57―57で後半に突入。連勝中のウィザーズ(5勝8敗)は4日間で3試合というタフな日程の初戦で、キングス(6勝8敗)はロード4連戦の2戦目。今季リーグ2位の30・3得点を挙げているウィザーズのブラドリー・ビール(26)は7得点にとどまっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年11月25日のニュース