ペイトリオッツが10勝目 史上最長の17季連続2ケタ勝利 49ersも10勝目

[ 2019年11月25日 13:25 ]

カウボーイズのRBエリオットを3人がかりでタックルするペイトリオッツ守備陣(AP)
Photo By AP

 NFLは24日に各地で第12週の12試合を行い、昨季王者のペイトリオッツは地元フォックスボロ(マサチューセッツ州)でカウボーイズに13―9(前半10―6)で競り勝って10勝1敗。2003年シーズン以来、17季連続でレギュラーシーズンの勝利数は2ケタとなった。

 2ケタ勝利の従来の最長連続記録は49ersが1983~98年に樹立した16季だったが、ペイトリオッツはこれを更新。QBトム・ブレイディー(42)のパス成功は37回中、今季最少の17回に終わって獲得は190ヤード(1TD)にとどまったが、オフェンス総獲得でリーグ1位(446ヤード)のカウボーイズを、守備陣が321ヤードに抑え込んで最後までTDを許さなかった。

 カウボーイズはNFC東地区首位の座を守っているものの6勝5敗。TDなしに終わったのは今季初めてとなった。

 AFC東地区で首位ペイトリオッツに2ゲーム差で続いている2位ビルズは地元バファロー(ニューヨーク州)でブロンコスを20―3(前半6―0)で下して8勝3敗。開幕11戦での8勝は1996年シーズンに並ぶチーム記録となった。

 NFC全体で首位に立っている49ersも地元サンタクララ(カリフォルニア州)でパッカーズを37―8(前半23―0)で退け、ペイトリオッツ同様に10勝目(1敗)。NFC西地区で49ersに1ゲーム差で続いているシーホークスは敵地フィラデルフィア(ペンシルベニア州)でイーグルスに17―9(前半10―3)で勝って4連勝を飾っている。

 <21日の結果>

*テキサンズ(7勝4敗)20―17コルツ(6勝5敗)

 <第12週ダイジェスト>

 ▼史上初 シーホークスのQBラッセル・ウィルソン(30)はデビュー以来、プレーオフを含めて全132試合に先発。先発QBとしてデビューから8季連続でシーズン勝ち越しを決めたのはウィルソンが史上初めてとなった。

 ▼歴代3位 ビルズのRBフランク・ゴア(36)の通算ラン獲得はブロンコス戦での65ヤードを含めて1万5289ヤード。バリー・サンダース(元ライオンズ=1万5269ヤード)を抜いて歴代3位に浮上した。1位はエミット・スミス(元カウボーイズ)の1万8355ヤード。

 ▼大スランプ ベンガルズはスティーラーズに10―16(前半7―3)で敗れて今季11戦全敗。昨季を含めて通算13連敗となった。スティーラーズに対しては通算10連敗。今季11敗のうち、7点差以内での敗戦はこの日が6回目。勝てそうで勝てない試合が続いている。

 <24日の結果>

*ジェッツ(4勝7敗)34―3レイダース(6勝5敗)
*ビルズ(8勝3敗)20―3ブロンコス(3勝8敗)
*ベアーズ(5勝6敗)19―14ジャイアンツ(2勝9敗)
スティーラーズ(6勝5敗)16―10*ベンガルズ(11敗)
*ブラウンズ(5勝6敗)41―24ドルフィンズ(2勝9敗)
シーホークス(9勝2敗)17―9*イーグルス(5勝6敗)
*レッドスキンズ(2勝9敗)19―16ライオンズ(3勝1分け7敗)
バッカニアーズ(4勝7敗)35―22*ファルコンズ(3勝8敗)
*セインツ(9勝2敗)34―31パンサーズ(5勝6敗)
*タイタンズ(6勝5敗)42―20ジャガーズ(4勝7敗)
*ペイトリオッツ(10勝1敗)13―9カウボーイズ(6勝5敗)
*49ers(10勝1敗)37―8パッカーズ(8勝3敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年11月25日のニュース