水巻善典 最終Rハーフ終えて首位浮上、1打差2位に高見和宏

[ 2019年11月3日 13:27 ]

スポニチ後援アサヒ緑健カップTVQシニア最終日 ( 2019年11月3日    福岡県 久山カントリー倶楽部=6065ヤード、パー70 )

アサヒ緑健シニア最終日 ハーフを終えた時点で8アンダーのトップに立った水巻
Photo By スポニチ

 ハーフを終えて水巻善典(61=鳴尾GC)がトップに浮上した。1打差の3位で出た水巻は前半アウトで3連続を含む5バーディー(1ボギー)を奪い、通算8アンダーにスコアを伸ばした。

 1打差の2位には首位でスタートし、アウトを4バーディー、2ボギーの33で回った高見和宏(59=フリー)がつけている。

【ハーフ終了時点の上位選手スコア】
―8(1)水巻善典H
―7(2)高見和宏H
―5(3)東聡<12>、高橋勝成<11>、室田淳H、鈴木亨<11>
―4(7)小溝高夫H、山添昌良<10>
(Hはハーフ終了、<>の数字は消化ホール)
参加選手128人=うちアマ83人 優勝賞金240万円

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月3日のニュース