鈴木愛が首位キープ 賞金女王も射程 申ジエとの最終組対決は「楽しみ、でも怖い」

[ 2019年11月3日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 樋口久子・三菱電機レディース 第2日 ( 2019年11月2日    埼玉県飯能市 武蔵丘GC=6585ヤード、パー72 )

2番、セカンドショットを放ち笑顔を見せる鈴木(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 「アイアンがどうしようもないくらい悪い」と連日嘆く鈴木だが、4バーディーを奪いしっかりと首位を守った。

 チャンスの少なかった後半も16番パー5であと少しでイーグルの第3打を放ち「パターの調子が良くなっているので、ショットがもう少し良くなれば」と手応えを口にする。

 現在、賞金ランク4位。最終日は同1位の申ジエとの最終組対決で「楽しみ、でも怖い」と語るが、8月のニトリ・レディース以来の5勝目で、約3800万円差を縮めるチャンスだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース