貴景勝「患部に違和感」 相撲取らず四股、てっぽうで汗流す

[ 2019年11月3日 05:30 ]

10日初日 大相撲九州場所

連合稽古で四股を踏む貴景勝                               
Photo By スポニチ

 大関・貴景勝は2日連続で連合稽古に参加したが、相撲は取らず基礎運動で汗を流した。先場所優勝決定戦で左胸を痛めて以来、前日初めて関取衆との実戦を解禁。

 師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)に「朝起きたら(患部に)違和感があった」と伝えて大事を取った。稽古場では四股やてっぽうを繰り返して大量の汗をかくなど、しっかり体を動かした。同親方は「違和感がなければ明日(3日)はやるでしょう」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース