東海大 全日本大学駅伝16年ぶりV!両角監督「仲間を信じて…」

[ 2019年11月3日 14:02 ]

全日本大学駅伝 ( 2019年11月3日    愛知・熱田神宮西門前~三重・伊勢神宮内宮宇治橋前 8区間106.8キロ )

東海大・両角速監督
Photo By スポニチ

 学生3大駅伝の第2戦、全日本大学駅伝は3日、愛知・熱田神宮西門前~三重・伊勢神宮内宮宇治橋前の8区間106・8キロのコースで行われ、東海大が5時間13分15秒で16年ぶり2回目の優勝を果たした。2位に青学大、3位には駒大が入った。

 選手たちに胴上げされた両角速監督(53)は「2年連続で2位だったので今年こそはという気持ちで臨みました。昨年、一昨年、2年分の悔しさがありましたので。学生がよく走ってくれました」と笑顔。勝因については「苦しい場面は何度かあったんですけど、そういう場面でもあきらめずに仲間を信じてタスキをつなぎきれたってところが大きいと思います。4年生が頑張りましたし、次の世代の3年生も非常に頑張ってくれた」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース