スケボ・アジア地区選手権 13歳・岡本碧優が大技に挑戦「納得のいく滑りで終わりたい」

[ 2019年11月3日 05:30 ]

 スケートボードのバンズ・パークシリーズアジア地区選手権は3日に神奈川・鵠沼海浜公園スケートパークで行われ、女子は今季五輪予選で3戦全勝中の13歳、岡本碧優(みすぐ、Proshop Bells)が出場する。

 2日は約2時間の練習で汗を流し「納得のいく滑りで終わりたいです」と意気込んだ。今大会は板を1回転して手でつかむ「キックフリップ・インディーグラブ」に挑戦する。優勝した9月の世界選手権でも失敗しており、試合での成功はないという。「今回は乗れるようにしたい」と力強く語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース