女子フルーレ 辻が初優勝、準決勝で3連覇狙った東を下す

[ 2019年11月3日 05:30 ]

フェンシング 全日本選手権第4日 ( 2019年11月2日    LINE CUBE SHIBUYA )

 女子2種目の決勝が行われ、フルーレは辻すみれ(19=朝日大)が初優勝を飾り、サーブルは江村美咲(20=中大)が連覇を達成した。3日は男子フルーレ、サーブル、エペの決勝が行われる。

 昨年は劇場の「グローブ座」、今年は次世代ホールの「LINE CUBE」で行われ、フルーレは辻が初の日本一に輝いた。準決勝で3連覇が懸かっていた東を下し、勢いに乗って頂点へ。「緊張はしていたけど、頭は冷静だった」と振り返った。

 サーブルの江村は、昨年に続いて派手な演出が実施された大会を連覇。「目立つところで試合をするのは好き」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース