イングランド・イトジェ、準優勝メダルを拒否 批判相次ぐ

[ 2019年11月3日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 決勝   イングランド12-32南アフリカ ( 2019年11月2日    日産ス )

準優勝のメダルをボーモントWR会長(右)からかけてもらうのを拒むイングランドのイトジェ(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 表彰式でイングランドのロック・イトジェはメダルを首に掛けられるのを拒否。他の選手の多くもメダルをすぐに首から外しており、ツイッターでは「スポーツマンらしからぬ行動だ」と批判的な投稿が相次いだ。

 日本バスケットボール協会の川淵三郎エグゼクティブアドバイザーも「GOOD LOSER(潔い敗者)の取るべき態度ではない。少なくとも日本の子供たちにまねをしてほしくない」などとツイートした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース