クボタのフェルミューレン 決勝の晴れ舞台で優秀選手賞を獲得

[ 2019年11月3日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 決勝   南アフリカ32-12イングランド ( 2019年11月2日    日産ス )

前半、突進する南ア・フェルミューレン(中央)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 クボタのNo・8フェルミューレンが決勝戦の優秀選手賞に輝いた。タックル後に相手に絡む「ジャッカル」で反則を奪うなど守備で貢献。アタックでもスピードある突進で会場を沸かせた。

 「イングランドは前半にたくさんボールを持っていた。トライをさせないことが重要だと思った」。昨季来日して和食を好む33歳。ルルー、マークス、デアレンデら「優勝メンバー」が、1月開幕のトップリーグを盛り上げてくれそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース