日体大・中村が初優勝 29年ぶりに1年生「学生横綱」誕生 全国学生選手権

[ 2019年11月3日 05:30 ]

29年ぶりに1年生で全国学生相撲選手権大会で優勝した中村
Photo By スポニチ

 相撲の全国学生選手権第1日は2日、堺市大浜相撲場で個人戦が行われ、今秋の国体成年個人を制した中村泰輝(日体大1年)が谷岡倖志郎(近大4年)を寄り切りで破り、初優勝を果たした。

 1年生での学生横綱は90年の池森ルイス剛(拓大)以来29年ぶりとなった。今大会の優勝者は大相撲の幕下15枚目格付け出し資格を得る。中村は既に国体優勝で資格を得ていた。最終日の3日は団体戦が行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月3日のニュース