あと1打…古江、プロデビュー戦は予選落ち「パットで苦しんだ」

[ 2019年11月3日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 樋口久子・三菱電機レディース 第2日 ( 2019年11月2日    埼玉県飯能市 武蔵丘GC=6585ヤード、パー72 )

2番、ショットの狙いをさだめる古江(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 古江のプロデビュー戦は1打届かず予選落ちとなり「パットで苦しみ、リズム良く回れなかった」と悔しそう。7番で2メートルのバーディーパットを外し「あれが入っていれば。勢いに乗れなかった」とバーディーなし、3ボギーの75。

 アマとして今季出場11試合で予選落ちは2試合、プロ初戦での洗礼に「経験を積んで、悪い時にどう気持ちを切り替えていくか」を課題に挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月3日のニュース