ウッドランド、ウッズに脱帽「見ていてとても楽しい」同組の全米OP覇者

[ 2019年10月28日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ第4日 ( 2019年10月27日    千葉県印西市 アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70 )

最終R4番で第2打を放つゲーリー・ウッドランド。通算12アンダーで暫定3位
Photo By 共同

 最終組でウッズと一緒に回った全米オープン覇者のウッドランドは、スタート前の2打差から6打差までリードを広げられ脱帽。「彼は今日も信じられないようなプレーをしていた。ショットはとても良かったし、パットもいつもと同じように凄い。見ていてとても楽しかった」と話した。

 自身は米ツアーと世界選抜の対抗戦、プレジデンツ・カップの代表選考の当落線上にいるため「明日はパットを決められれば」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年10月28日のニュース