【岡崎真の目】紀平、Vへ避けられない4回転の道

[ 2019年10月28日 05:31 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦  スケートカナダ最終日 ( 2019年10月27日    カナダ・ケロウナ )

銀メダルの紀平。右は金メダルのトルソワ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 紀平の最初のトリプルアクセルは少し回り始めを焦ったのか、跳んだ瞬間に体の軸が外に飛び出てしまい、思わずステップアウトしてしまった。その後はうまくリカバリーしてトリプルアクセルからの2回転トーループにつなげたが、やはり少しタイミングが合わず、何となくこぢんまりした感じで前日のSPよりもGOE(出来栄え評価)の加点が少なかった。それ以外の演技はいつも通りに丁寧で正確にこなし、全体としては決して悪い出来ではなかった。

 それでもこれだけ大差をつけられたのは、やはりトルソワに4回転ジャンプがあったからだ。4本跳んで3本成功。転倒したサルコーも回りきっての転倒なので残る点数が大きい。転倒による1点の減点があるとはいえ4回転サルコーの基礎点は9・7で、GOEで4・85引かれても、3回転サルコーの基礎点(4・3)より高い4・85の得点が残った。

 トルソワのスケートにはまだ幼さやあどけなさが残っているとはいえ演技点もそこそこ付いてきている。紀平が勝つためには4回転は避けては通れないジャンプとなりそうだ。 (ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年10月28日のニュース