テコンドー金原会長とボクシング山根氏へ共演オファー殺到

[ 2019年10月28日 19:18 ]

日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(左)と、全日本テコンドー協会の金原昇会長
Photo By スポニチ

 スポーツ界のお騒がせ二大巨頭が並び立つ!?日本ボクシング連盟前会長の山根明氏と、全日本テコンドー協会の金原昇会長に対し、メディアから共演オファーが殺到していることが28日、分かった。

 山根氏は昨年、助成金流用などの問題を告発され辞任し、今年2月には事実上の永久追放となる除名処分となった。

 一方、全日本テコンドー協会は強化方針をめぐってトップ選手と対立。一気に注目が集まった金原会長は、一部で拳銃で撃たれたことがあると報じられたことについて、「撃たれました。お腹と腕です。30年前です」などと発言していた。

 この日のテコンドー協会の臨時理事会では金原会長が理事の総辞職を提案して決議され、外部有識者による検証委員会が立ち上げられたが、再任の可能性もある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年10月28日のニュース