大会期間中関係者に選手の“暴言” 小林会長、謝罪

[ 2019年10月28日 05:30 ]

小林浩美会長
Photo By スポニチ

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長が27日、兵庫県のマスターズGCで会見し、マスターズGCレディースの大会期間中に、出場選手が大会関係者に不適切な発言をしたとし、関係者に謝罪したことを明かした。

 同会長は「事実関係を確認する段階」とした上で、「あってはならない不適切な発言があったのは事実。大変申し訳ないとおわびをしました」と神妙な表情を浮かべた。一部報道によるとラウンド前にストレッチなどで利用する風呂場にタオルがなかったことに腹を立てたベテラン選手が、対応に当たったコース関係者に暴言を吐いたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年10月28日のニュース