貴景勝 九州場所へ手応え 左大胸筋「良くなっている」 秋巡業全日程終了

[ 2019年10月28日 05:30 ]

土俵下で四股を踏む貴景勝
Photo By スポニチ

 大相撲の秋巡業は27日の広島・福山市での興行で21日間の全日程を終えた。九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)で大関に復帰する貴景勝(千賀ノ浦部屋)は途中合流となった16日の静岡・浜松市からこの日まで相撲を取る稽古は行わなかったが「基礎はしっかりできた」と一定の手応えをつかんだ様子だ。

 秋場所で負傷した左大胸筋は「良くなっている。(予定より)早い段階でこられている」と説明。28日の番付発表以降の稽古については「焦らずやること。筋肉が切れたら、またやり直しだから」と無理にペースを上げずに調整していく考えだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年10月28日のニュース