五十嵐カノア3位!今季2度目表彰台 年間ランキングは6位のまま

[ 2019年10月28日 05:30 ]

MEOリップカール・プロ・ポルトガルで3位に入った五十嵐カノア(WSL提供・ゲッティ=共同)
Photo By 共同

 サーフィンのチャンピオンシップツアー(CT)第10戦のMEOリップカール・プロ・ポルトガルは26日にポルトガル・ペニシェ行われ、男子は22歳の五十嵐カノア(木下グループ)が3位に入った。

 第3戦で日本勢初優勝を遂げて以来、今季2度目の表彰台。準決勝でジョーディー・スミス(南アフリカ)に3.17点差の12.66点で敗れた。年間ランキングは、6位のまま。9月のワールドゲームズ(WG)を制したイタロ・フェヘイラ(ブラジル)が優勝し、年間首位に浮上した。

 五十嵐はCT年間順位で要件を満たしたため、来年の東京五輪の出場権を暫定的に獲得している。CTは今季残り1戦で、12月に最終戦のビラボン・パイプマスターズが米ハワイで行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年10月28日のニュース