【復路展望】東洋大の逃げ切り濃厚 2位争いはし烈

[ 2012年1月3日 06:00 ]

第88回箱根駅伝復路

(1月3日 芦ノ湖~東京・大手町=5区間109・9キロ)
 2位に5分以上のアドバンテージを持ってスタートする東洋大は6区に昨年区間3位の市川(3年)、9区の昨年区間1位の田中(4年)ら力のある上級生が控えており、大きなミスがなければ、逃げ切れるだろう。

 2位の早大は補欠の八木主将は起用しない方針で、経験者が少ない不安がある。3位の明大は腰痛を抱えるエース鎧坂(4年)の投入で勝負を懸ける可能性もある。4位の駒大は力のある選手を残しており、2位争いはし烈。8位以下の13チームが一斉スタートのため、シード争いは混とんとしている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース