“山の神”の前に貯金…東洋大が新スタイルを確立

[ 2012年1月3日 06:00 ]

往路優勝を決めバンザイする(左から)東洋大・酒井監督、1区・宇野、2区・設楽、3区・山本憲、5区・柏原

第88回箱根駅伝往路

(1月2日 東京・大手町~芦ノ湖=5区間108キロ)
 東洋大の酒井監督は「今までは柏原に負担をかけてきた。想像以上に1~4区が頑張ってくれた。新しいスタイルをつくれた」と胸を張った。

 2区を区間2位で走り4位から1位に押し上げた設楽啓(2年)は「(昨年区間7位の)借りを返せてよかった」と喜び、4区で区間賞をマークした1年生・田口は「緊張したけれど、役割を果たしてホッとしている」と安どしていた。

【東洋大記録めも】

 ☆往路4連覇 35~38年の日大、50~53年、61~64年の中大に続いて4度目。

 ☆優勝タイム 5時間24分45秒は大会新記録。昨年、東洋大がマークした5時間29分50秒を一気に5分5秒も更新。

 ☆タイム差 2位早大とは5分7秒差。88年の優勝順大、2位大東大の6分9秒差以来の大差。

 ☆4年連続区間賞 5区の柏原が達成。4年連続の区間賞は史上8人目。同一区間に限れば、5区の大久保初男(大東大、74~77年)以来、史上2人目。

 ☆繰り上げスタート 東洋大から10分以上遅れた8位・東海大以降、13校が復路繰り上げスタートとなる。昨年は2校だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース