“3秒差の悔しさ”忘れない…城西大、シード確保へ勢い

[ 2012年1月3日 06:00 ]

第88回箱根駅伝往路

(1月2日 東京・大手町~芦ノ湖=5区間108キロ)
 城西大は往路5位でシード確保へ勢いをつけた。昨年は10位の国学院大とわずか3秒差でシードを逃しただけに5区の田村主将(4年)は「昨年のことがあるので、大事に走った」。1区のルーキー村山や4区山口(2年)の力走に応えるフィニッシュに「4年生らしく走れた」と笑顔を見せた。

 目標は過去最高の6位を上回ること。「最後まで何があるか分からないから大事に走ってほしい」とチームメートに思いを託した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース