東洋大・大津が歴代2位の好走“1人旅”続く/箱根駅伝8区

[ 2012年1月3日 11:08 ]

第88回東京箱根間往復大学駅伝 8区

(1月3日 芦ノ湖~旧読売新聞社前)
 東洋大は8区・大津顕杜(2年)も区間新こそ逃したものの、歴代2位となる1時間4分12秒。2位との差を8分以上に広げ、“1人旅”が続いている。大津は2日に5区を走り区間新記録を出した柏原竜二(4年)が待ち受ける戸塚中継所へ。柏原からねぎらいの言葉を受けると安どの笑顔を浮かべた。

 2位・早大との差はさらに開いて9分。3位・明大、4位・駒大は変わらなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース