東海大仰星 近藤英、自賛「流れ変える」トライ

[ 2012年1月3日 18:08 ]

全国高校ラグビー準々決勝 東海大仰星24―12国学院栃木

(1月3日 花園)
 東海大仰星のWTB近藤英が弾みをつけるトライを挙げた。12点を追う前半16分、ハーフライン付近で相手のパスを奪ってそのまま持ち込んだ。「流れを変えようと判断して飛び出した。あれからチームの動きが良くなった」と自賛した。

 動きが硬く、ミスを繰り返していたチームはこのトライをきっかけにわれに返り、試合をひっくり返した。2点リードの後半19分にはゴール前のラックから好走してトライを挙げ、土井監督も「近藤のトライは大きかった」と称賛した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース