今回はヒヤヒヤなし“無風”のシード争い

[ 2012年1月3日 14:44 ]

第88回東京箱根間往復大学駅伝

(1月3日 旧読売新聞社前~芦ノ湖)
 昨年は国学院大ののコース間違い、城西大が史上最小の3秒差でシード権を逃すなどし優勝争いとはまた違う烈な戦いが繰り広げられたが、今大会は10位・国学院大が11位の国士舘大に3分以上の差をつける“無風”のシード争いに。

 芦ノ湖の一斉スタートが13校にも及んだため、通過順位では10番目以降となった山梨学院大(11番目)、国学院大(13番目)などがシード権を獲得したが、昨年のようなヒヤヒヤする場面は見られなかった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月3日のニュース