御所実 執念の同点劇…優勝で京都成章に恩返し

[ 2012年1月3日 17:04 ]

全国高校ラグビー準々決勝 御所実7―7京都成章

(1月3日 東大阪市・花園ラグビー場)
 試合終了間際、御所実の猛攻が実った。0―7の後半ロスタイムにモール攻撃を繰り返して認定トライを奪い、ゴールも成功。10分以上も押し込み続けた執念の同点劇を、プロップの奥田は「必死だった。いけるとしか思っていなかった」と誇った。

 京都成章は最近4大会で3度目の対戦という因縁の相手で、毎週のように合同練習や試合を組むなど交流が深い。竹田監督は抽選の末の準決勝進出に「一緒に頑張ってきた仲間だし、やりたくなかった」と話し、奥田は「京都成章に恩返しするためには優勝しかない」と力を込めた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月3日のニュース