山上り5区で壮絶“早明戦” 早大、連覇絶望的も2位死守

[ 2012年1月3日 06:00 ]

1区で先頭を快走する早大・大迫は区間賞をマーク

第88回箱根駅伝往路

(1月2日 東京・大手町~芦ノ湖=5区間108キロ)
 エンジと紫紺がしのぎを削った。昨季学生駅伝3冠の早大は東洋大に5分7秒差の2位。連覇は厳しい情勢だが、5区で山本修平(1年)が明大・大江啓貴(3年)とのデッドヒートを制して意地を見せた。明大は早大に後れを取ったものの51年ぶりの往路3位で古豪復活を印象づけた。また“花の2区”で出岐雄大(でき・たけひろ、3年)が青学大初の区間賞を獲得する健闘を見せた。
【往路結果】

 早大の意地を見せたのは、1浪の末にエンジのタスキをつないだ1年生・山本だった。山上り、最長の23・4キロ。2位でスタートすると、8・8キロ地点で明大・大江に逆転される。再逆転し20秒差まで突き放したが、18・5キロ地点で再び並ばれ、大江が前に。だが「焦りはあったけど2位はキープしないといけないと思った」と、21キロすぎに再び大江をとらえ、14秒差をつけてゴールに駆け込んだ。

 愛知の進学校・時習館出身。高校時代、指導者はおらず長距離の練習はクラブチーム「TTランナーズ」でこなした。早大しか受けなかった現役時代は受験に失敗。予備校生時代は1日10時間勉強しながら朝練も欠かさなかった。昨春、スポーツ科学部に進学。遠回りしてたどり着いた箱根路。初体験の山上りも「ふくらはぎも、腿の裏もぴりぴりしたけど、最後は気合。応援してもらって、純粋に楽しかった」と振り返った。

 チームは誤算だらけだった。左足底を痛めていた八木主将(4年)は間に合わず。4区にエントリーしていた駅伝主将の三田(4年)も「調子が上がらないので代えてほしい」と直前に直訴しメンバーを外れた。昨季3冠を達成した指揮官は「優勝という重圧に耐えられなかったのかも」と最上級生の苦悩を口にした。

 2区起用もあったエース格の大迫(2年)を1区にエントリーしたのは前半で一気にリードを広げるためだったが区間賞の快走でもライバルたちとの差は広がらず。2区の平賀(3年)が終盤にペースを落とすと、東洋大に逆転を許し、そのまま1度も首位に立つことはできなかった。

 それでも山本が“早明戦”を制したことで前を行くのはただ1校となった。渡辺監督が「何があるか分からないし、選手には1区間1分(縮める)と伝えます。完全優勝は、阻止したい」と切り替えたのは若き才能の踏ん張りに勇気を得たからに違いない。復路は3年生以下で臨む。来季も視野に入れた布陣だが、山本と同じように名門の意地を見せれば奇跡は起こらないわけではない。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース