東洋大トップのまま7区へタスキつなぐ/箱根駅伝6区

[ 2012年1月3日 09:00 ]

第88回東京箱根間往復大学駅伝 6区

(1月3日 芦ノ湖~旧読売新聞社前)
  第88回東京箱根間往復大学駅伝競走は3日、復路(5区間、109・9キロ)が行われ、往路Vの東洋大の市川孝徳(3年)は午前8時に神奈川・箱根芦ノ湖をスタート。6区(20・8キロ)のレースが始まった。

 市川は昨年も6区を走り2位早大の逆転を許したが、今年は昨年を42秒上回る59分16秒で山下りを駆け抜けトップのままタスキをつないだ。

  2位は6分24秒差で明大。小田原中継所での2位通過は大学史上49年ぶりとなった。明大と14秒差で芦ノ湖を出発した早大は一時明大との差を30秒差まで広げたが、下りに入って逆転を許し、21秒差をつけられ3位で7区につないだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月3日のニュース