拓大 まさかの19位…エース精彩欠き、大きく出遅れ

[ 2012年1月3日 06:00 ]

第88回箱根駅伝往路

(1月2日 東京・大手町~芦ノ湖=5区間108キロ)
 拓大は昨年、13年ぶりのシード権を獲得したが、今年は往路19位とまさかの出遅れ。エースのモゼ(2年)が右足の故障で精彩を欠き、代わりに2区に起用された野本(3年)が区間15位。モゼも3区5位と役割を果たせなかった。

 岡田監督は「(5区で区間19位の)横山も、主将という責任感だけで走った感じ。一つ駒がずれると、駅伝はこういう結果になる。復路は一つずつ上がっていくしかない」と淡々と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース