東洋大・設楽が区間新 2位との差は7分以上/箱根駅伝7区

[ 2012年1月3日 10:04 ]

第88回東京箱根間往復大学駅伝 7区

(1月3日 芦ノ湖~旧読売新聞社前)
 東洋大は7区の設楽悠太(2年)が、2008年に佐藤悠基(東海大)が作った区間記録を3秒更新する1時間2分32秒の快走を見せた。2位との差は7分以上に開き、着々と総合Vへと近づいている。

 小田原中継所を3位でスタートした早大は2位に浮上したが、東洋大とは7分50秒差。3位に明大、4位に駒大と続いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース