神奈川大の9区鈴木 転倒してもたすき渡す

[ 2012年1月3日 19:32 ]

第88回箱根駅伝復路

(1月3日  芦ノ湖~東京・大手町=5区間109・9キロ)
 神奈川大の9区鈴木は、繰り上げスタートが迫る中、中継所手前で意識がもうろうとし、2度転倒した。それでも立ち上がり、たすきを渡した。

 終盤から足に力が入らなくなり「(たすきを)ぐいっと引っ張られた感覚しか残っていない」という。「選手としては駄目なこと。力がない」と反省を口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年1月3日のニュース