大島由香里アナ「品切れが続いているみたい」初写真集の重版決定に笑い止まらず

[ 2021年2月24日 22:51 ]

大島由香里アナウンサー
Photo By スポニチ

 元フジテレビでフリーの大島由香里アナウンサー(37)が24日、番組MCを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)にリモート出演。22日に講談社から発売された初写真集「モノローグ」がすでに重版となったことを報告し「攻めた甲斐がありましたね」と喜んだ。

 番組冒頭で同じく番組MCの垣花正アナウンサー(49)から重版がかかったことに触れられると「そうなんです。発売2日なんですけど、重版が決定しました。ありがとうございます」と感謝しつつ高笑い。大島アナから前園真聖(47)とともに写真集をこの日プレゼントされたという水曜コメンテーターの安東弘樹アナウンサー(53)が「結構攻めたね、写真がたくさんあって…」と声をかけると「攻めた甲斐がありましたね」と受け止めた。

 そして、「まだちょっと品切れが続いているみたいなんですけど、是非出るまで辛抱強く…」と続けると、安東アナは「サラッと自慢が出ましたね~!いま」と苦笑い。大島アナは「自分でもびっくりしてるんで。すいません、もううれしくて」と笑いが止まらなかった。

 大島アナは昨年、雑誌のグラビアに初挑戦。主に報道畑のキャスターとして活躍したフジテレビ時代からイメージを一変させる大胆な露出が話題になった。反響を受け、写真集リリースが実現。全128ページにわたる一冊で、水着や下着姿でバストの谷間やヒップなどを妖艶に披露している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月24日のニュース