笹川友里アナ フェンシング太田会長直伝の洗濯術明かす「部屋干ししても絶対に臭くならない」

[ 2021年2月24日 17:49 ]

TBSの笹川友里アナウンサー
Photo By スポニチ

 2月末でTBSを退社する笹川友里アナウンサー(30)が24日放送のTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に生出演。部屋干しをいくらしても臭くならないというこだわりの洗濯術を明かした。

 夫は17年に結婚した日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏(35)で、19年6月には第1子となる女児を出産した笹川アナ。家事で楽しいことがあるかと聞かれると「フェンシングってすごく洗濯量が多いんですよ」と告白。ウエアは個人で洗濯しているとし、「通電する素材だったりするので、洗ったり、乾かしたりに普通の衣服よりみなさんこだわりがあるようで、夫と出会ってからこだわりというか、『3種の神器』みたいなのを教えてもらって。部屋干しをいくらしてもうちは絶対に臭くならないという流儀があります」と力説した。

 具体的には「ワイドハイターとアリエールのジェルボール、部屋干し用、レノアのビーズ、つぶつぶの。うち緑の使っているんですけど。その『3種の神器』のうまいバランスで部屋干しで全然臭わないんです」と漂白剤と部屋干し用のジェルボール型洗剤、衣類の香り付けや消臭のためのビーズを絶妙な配合で使用しているとし「すごいんですよ。あれ」と強調した。太田氏の秘伝の配合を他の洗濯ものにも応用しており「梅雨とか気にせずに通年部屋で干していたりします」と胸を張った。

 またフェンシング選手の洗濯事情も明かし、「遠征に行くとホテルに最悪の場合洗濯機がないじゃないですか。町中にもないときは手で洗って部屋に干すんです」と明かした。マスクについても「時々お風呂場でガーガー靴を洗うみたいに洗ってましたけど」と説明。ベランダに干していたのかの問いにも「時々ありました」と語った。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月24日のニュース