松丸亮吾 規制全開の教育はダメ絶対!「子どもが善悪を判断する機会を奪うのは危険」

[ 2021年2月24日 20:36 ]

タレントの松丸亮吾
Photo By スポニチ

 謎解きクリエイターとして活躍するタレントの松丸亮吾(25)が自身のツイッターを更新。松丸ならではの視点で“親子の教育”について言及した。

 松丸は「『うっせえわ聞かせたら口が悪くなるんじゃ…』『テレビ見せると悪い影響が…』と子どもが失敗しないよう全て規制して舵取りする親御さんに言いたいのは」と前置きすると、「もし子どもが失敗したら叱るのが親の役目であり、全ての善悪を親が判断してたら子どもが善悪を判断する機会を奪うわけでそれこそ危険だと僕は思う」と力説。外からの“悪”と思しき情報を全て遮断する教育法は危険だとした。

 続くツイートで松丸は「むしろ親が子どもの失敗を恐れすぎて『あれダメ!これダメ!』ってやり過ぎると『親に言ってもダメって言われるから隠れてやるか…』となるだけなので、規制で縛り付ける上下関係を築くより、プライベートについて何でも話し合える対等な親子関係を築いた方が楽しいし、将来的によっぽど得だと思うなぁ」と説明。規制を強めるのではなく、親子のコミュニケーションで問題解決をした方が将来性が高まるとした。

 「少なくともうちの親はそうだった」と、自身の両親の教育法にも触れた松丸。「おかげで色んなエンタメに小さい時から触れてこれたし、いまのクリエイター業にも経験としてめちゃくちゃ役立ってるので本当に感謝してる」と、自らの礎を築いてくれた両親に謝意の気持ちを贈っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月24日のニュース