田中みな実 黒柳徹子の前で名台詞「許さなーーーーーーい」再現

[ 2021年2月24日 14:44 ]

田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(34)が24日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)に出演。昨年放送された同局のドラマ「M 愛すべき人がいて」(土曜後11・15)での決め台詞「許されな~い」を再現し、盛り上げた。

 白と黒の基調にした衣装で登場した田中は「編んであるものです、白と黒でパンダっぽく」とニッコリ。司会の黒柳徹子(87)も「恐れ入ります。かわいい、すごく。お似合いです」とメロメロだった。

 「許されな~い」のセリフが話題になったことが紹介されると黒柳は「どんなふうにおっしゃったの?」。田中は右目を手で隠し、「許さなーーーーーーい」って劇中のセリフを再現した。

 黒柳から「それは怖いわね。ご自分でやろうと考えたの?」と聞かれた田中は「怖いです」と笑顔を見せつつ「鈴木おさむさんの脚本で『許さなーーーーーーい』の伸ばし棒が2、3行にわたって続ていてどのぐらい伸ばせばいいんだろうと現場でやってみたら、採用していただいて。そのまま本番でした」と告白。黒柳も「みんな怖いって言ってくれたでしょ?お顔がかわいいから余計怖いと思う」と応じると、田中も「(怖いって)言ってくれました」と満面の笑みを浮かべた。

 番組の最後に、田中は「海外に住んでいた時に、(黒柳の著書)『窓際のトットちゃん』を愛読書にしていました。日本語が不慣れながらも読んでいました。言わなきゃと思って」と告白。大学時代に翻訳のゼミに入っていたという田中は「いつか『窓際のトットちゃん』を翻訳したいなと思っているので、翻訳することができたら、ぜひ目を通してください」とアピールし、黒柳を喜ばせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月24日のニュース