宮崎謙介氏「運命を感じてしまったのですよ」 すでにメロメロ「なんつー可愛さだ」

[ 2021年2月24日 16:21 ]

宮崎謙介氏
Photo By 提供写真

 元衆院議員の宮崎謙介氏(40)が24日、自身のブログを更新。愛犬(チワワ、メス)を飼い始めた理由を明かした。

 宮崎氏は「ワンちゃんを飼うことを決めた経緯」のタイトルでブログを更新。妻で元衆院議員の金子恵美氏(42)が「あいつから謎の写真が送られてきました」と青ざめた表情の絵文字付きでチワワの子犬を抱く夫の写真を掲載し「え!また、逢いに行ってる!!!」「この写真だけのメールには一体何の意味があるのか」とつづった前日23日のブログを貼り付けた上で「そりゃそうさ」とコメント。「こんな写真を送ったら、察しはつくよね!タイミングを任されたらそりゃ即決ですよ!こんな写真を送ったら、察しはつくよね!タイミングを任されたらそりゃ即決ですよ!」とチワワの子犬を迎えた経緯を明かした。

 そして「で、我々夫婦の議論をしたポイントは」として「ポジティブな点」として「子供の教育」「単純に可愛い」「世界が広がる」の3点、「ネガティブな点」として「お世話が大変」の1点を挙げ「以上!となったら、息子にお手伝いをさせつつも夫婦でずっと責任をもってお世話をする!ということで話はまとまりました」と報告。「ペットは飼わないだろうと私は決めていたんですが不思議ですよね。運命を感じてしまったのですよ。しばらく、全てが犬中心になりそうな予感です」とつづった。

 また、その2本前のブログではなかなか寝付けない様子の子犬にケージ越しに添い寝したところ、すぐに子犬が寝たことを明かし「なんつー可愛さだ。色々と快適に過ごしてもらえるように明日から工夫しよう」とすでにメロメロの様子。「ちなみに、この子を迎え入れるにあたり夜な夜な金子さんとも議論していまして了承を得ていました笑」とした上で「一昨日の夜に合意形成がとれ、『タイミングは世帯主に一任!』(永田町ではよく使う○○一任って言葉)とされたので、即迎え入れたという次第です!」と明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年2月24日のニュース