番組収録で大ケガのトレエン斎藤 スタッフに気遣い「顔を曇らせてしまった」

[ 2020年10月10日 12:12 ]

「トレンディエンジェル」の斎藤司
Photo By スポニチ

 フジテレビのバラエティー「でんじろうのTHE実験」のロケで、背骨を折るなど全治2~3カ月の重傷を負った、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司(41)が10日、パーソナリティーを務める文化放送「トレンディエンジェルのPePePeラジオ」(土曜前11・00)に生出演した。

 今回の大ケガを受け、斎藤は「出川さんとか上島さんの運の強さを感じる。あれだけ体を張ってケガ1つしないという、持ってる人は持ってるんだな」と大先輩の出川哲朗(56)、「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(59)の名前を出してしみじみ。「そうすると、俺って持ってないんだなと思いました」とボヤいた。

 さらに「(ロケでは)スタッフさんと道中行くまで、わくわくドキドキしながら撮るわけで、仲良くなってる。そういう人たちの顔を曇らせてしまったっていうのが…我々にしかない関係性がありますから(仕方ない)」とスタッフを気遣い、「あんなに笑ってくれてたのに、真顔にさせてしまった」と悔しがった。

 番組では、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」を熱唱。途中、サビの歌詞を「腰の折れたトレンディエンジェル」と言い換えて盛り上げ、笑いを取った。

 斎藤は8日に群馬県内で「エアバッグをお尻で爆発させたら宙に浮くことはできるか?」という実験を行った際、地上約1メートルの高さまで浮き上がり、その後右手から落下、左腰を強く打った。病院で検査を受けた結果「第11胸椎の圧迫骨折」と「右手首捻挫」と診断された。斎藤はこの日朝も、TBSの情報・報道番組「まるっと!サタデー」(土曜午前5時半~)に生出演。「すいません、ご迷惑をおかけして」などと話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月10日のニュース