紅ゆずる 中学時代に初ナンパされた過去「イケイケのお姉さんに“坊や、何歳?”って」

[ 2020年10月10日 18:24 ]

スカート姿で、久々にファンの前に登場した元宝塚歌劇団星組トップスター紅ゆずる(C)松竹
Photo By 提供写真

 宝塚歌劇団元星組トップスターで女優の紅ゆずる(38)が10日、大阪松竹座で退団後初のトークショーを行った。

 新型コロナウイルス感染症の影響で2月の落語会以来、公演中止が続いていた同劇場では約8カ月ぶりの公演。在団中から定評のあった紅のトークで劇場に活気が戻った。

 トップ時代を思わせる華やかなプロローグとともに登場した紅は、スカート姿で「このライト、久しぶり! 私にはこの光が足りなかったのよ」と、コロナでの自粛期間を逆手に取ってファンの心をわしづかみ。退団後のメーク術やスカートの着こなし術などよどみないしゃべりで客席を引きこんだ。

 さらに劇場近くの戎橋、通称“ひっかけ橋”で中学時代に初めてナンパされた過去を告白。「イケイケのお姉さんに“坊や、何歳?”って…」と、宝塚に入る前から男性に間違えられていたと明かし「今、間違えられたら怒りますよ。“どこ見とんねん!”て」と漫談ばりに笑わせた。

 紅は来年4月、同劇場で退団後の初主演舞台「アンタッチャブル・ビューティー~浪花探偵狂騒曲~」(16~26日)が決まっており「初めてナンパされた場所、この地元で思いっきり笑わせて感動させてやろう、という野望がメラメラとわき起こっています」と、力を込めPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月10日のニュース