いしだ壱成 週刊誌記事に怒り「名誉毀損にあたる為、しかるべき手段を不本意ながら取らざるを得ない」

[ 2020年10月10日 12:23 ]

いしだ壱成
Photo By スポニチ

 俳優のいしだ壱成(45)が10日、自身のインスタグラムを更新。10月15月号の「週刊文春」に掲載された自身に関する記事について「名誉毀損にあたる為、しかるべき手段を不本意ながら取らざるを得ない」と怒りをあらわにした。

 いしだは同誌の「事務所をクビ、生活保護不正受給(疑惑)」(いしだのインスタより)という記事について「非常に残念な気持ちになりました」と投稿。「ジャーナリズムのカケラもない嘘記事、10%の真実に90%の嘘。文春さん、こんな記事を載せるようになってしまったのですか。改めて言います、とても残念です。嘘の記事を書かれた事以上に寂しく、残念です」と怒りをあらわにした。

 続けて「生活保護不正受給はしていません。去年一年間、まるまる鬱病で伏せっていて働くこともままならず、今年の春ころに鬱から立ち直れたものの生活資金が足りずにいたところを生活保護を受けようという周りの人の声もあり受給にいたりました」と生活保護受給の経緯を説明。「収入がある度、市役所にはしっかりと申告をしていました。市役所の方々は本当によくしてくださり、周りの友人や知人や温かい人たちに囲まれて収入が安定したため4か月で生活保護は停止させる事が出来ました」と続けた。

 「9月からは社会復帰し、自活しております」とし、記事について「と思っています」と法的措置を示唆した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月10日のニュース