永作博美 自粛期間中の料理で“実験”「おなかが空いていれば食べる」

[ 2020年10月10日 12:28 ]

女優の永作博美
Photo By スポニチ

 女優の永作博美(49)が10日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。コロナ禍の自粛期間中の過ごし方について語る場面があった。

 自粛期間中は「ご飯ばかり作っていました」と苦笑い。司会のエッセイスト阿川佐和子氏(66)に「元々調理学校か何かに通っていらしたのでしょう、若い頃?料理得意なんでしょう?」と問われると、「好きでもないですけど…ちょっと好きです」とあいまいな返答をしつつ、コロナ禍の料理に追われる毎日は「すごくいい経験をしたな」とポジティブに振り返った。

 「最初のうちはたくさんいろいろなものを作って喜ばせようという気」でいたが、後半は“実験”が始まったという。思いもよらない具材が入った料理に「これ何?」「なんでこれにこれ入れるの?」と家族から責められることもあったと明かし、「おなかが空いていれば食べますよね」といたずらっぽく笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月10日のニュース