和田アキ子 松田聖子との“不仲説”に言及「本当に仲が良いの」

[ 2020年10月10日 14:19 ]

和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(70)が10日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演し、昔、犬猿の仲と噂された松田聖子(58)との関係ついて語る一幕があった。

 リスナーからのメッセージをキッカケに、松田との不仲説について言及した和田。「一時期ね、私が松田聖子のことを嫌いだっていう噂が立ったんですよ」とし、「そんなの全然ないの。でも昔はアッコ、ピン子、聖子のことを書いていると女性週刊誌は売れたっていうから」と打ち明けた。

 確かに昔、自身のディナーショーやコンサートのトークで、あくまでもネタとして、よく嫌味を言っていたという。当時を振り返り、和田は「郷ひろみと付き合っていて(破局会見で)あんなに泣いたくせにすぐに結婚して…とか。私、(松田の)『SWEET MEMORIES』の英語の部分を自分のコンサートで歌ったりして、『松田聖子より私のほうが上手いんじゃないの?』とか言って、ウケたときもあるんですよ。そういうことを言っていたの」と回顧した。

 2000年には「2人のビッグショー」(NHK)で松田と競演している。和田は「とっても仲が良いというか。実を言うと、私が診てもらっている歯科医師の先輩に当たる人が今の聖子さんのご主人なんですよ。(ご主人にも)治療してもらって」と、まさかの告白。

 そのこと松田に連絡したところ、折り返し連絡がきたという。「彼女の留守電か、メールをしたら、『不都合はなかったですか?』って丁寧な返信がきて。本当に仲が良いの」と明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月10日のニュース